ヘアートリートメントとヘアカラーどちらがいいの?

そもそもヘアートリーメントとは乾いた髪の毛を内部まで浸透し、潤いを与え、髪を健康にするものです。

 

ヘアカラーは髪に多少なりともダメージを与えてしまいます。

 

その理由としては、やはり髪に必要のない成分を含ませているからです。ヘアートリートメントは髪の健康状態を良くするものが一般的です。

 

対してヘアカラーは自然の力ではなく、科学的に作られた染料で髪に色をつけるため、どうしても髪にダメージを与えてしまうのです。

 

現在ではヘアカラーも髪にダメージをあまり与えないタイプなども発売されていますが、それでも科学的につくられた部分は必ずあります。

 

商品の裏の成分表を見れば一目瞭然でしょう。

 

近年、酢酸鉛や硝酸銀などを使ったヘアカラーなどもあり、安全性の問題から厚生労働省から通知なども出ています。

 

そのため、ヘアカラーに関しては、ダメージを大なり小なり頭皮にダメージを与えているという認識を持つことが大切といえるでしょう。

 

また、ヘアカラーはパラフェニレンジアミンなどの酸化染料でできています。

 

そして、ジアミン系の酸化染料は、皮膚アレルギーなどの症状が出てしまうことがあるのです。

 

こういったことからしても、ヘアカラーは頭皮にはあまり良くない、ということがうかがい知れるでしょう。

 

もちろんヘアートリートメントにも科学的な成分が少なからず入っています。

 

しかしながら、ヘアカラーと比べても圧倒的に危険な成分が入っておらず、普段使用する分には何ら問題ない製品が多いのが特徴です。