ヘアカラーのメリット・デメリット

一般的に売られているヘアカラーは永久染毛剤というもので、髪の毛を脱色後、再び染めるという形になっています。

 

よく染まる、色ムラが起こりにくい、ヘアートリートメントと比べると安価で購入しやすい、という利点があります。

 

そのため、家で染色する際にも、ひとりでも満足のいく染色ができる、安価で購入可能なため、気軽に染色することができます。

 

また、シャンプーなどでもなかなか落ちることがないので、効果の持続が期待できます。

 

しかしながら、やはりデメリットといえるような点もあります。

 

一番のデメリットはやはり、髪への悪影響が強いということです。髪、または頭皮にダメージを与えてしまうのです。

 

その理由は化学製品を含んだ成分を多量に含んでいるからで、髪に色をつけやすくする反面、ダメージを与えてしまいます。

 

また、髪だけでなく、皮膚にもアレルギー反応を起こすこともあり得ます。

 

ヘアートリートメントだと素手でも染めるものが可能な製品などもありますが、ヘアカラーは強い成分を含んだものが大半なので、手袋などをして作業しなくてはいけません。

 

仮に面倒だからと手袋をはめずにセルフカラーをした場合、手荒れなどのトラブルを招いてしまう可能性があります。

 

こういったことからして、皮膚にも髪にもダメージを与えてしまいやすいのがヘアカラーの難点といえるでしょう。

 

安全に使用するためには取扱説明をよく読み、パッチテストをしてアレルギーなどのトラブルが起こらないことを確認した上でヘアカラーで髪を染めあげましょう。