ヘアーマニキュアのメリット・デメリット

ヘアートリートメントには髪や頭皮を傷めないというメリット、染まりにくいというデメリットがあります。

 

一方、強い成分が入っているヘアカラーには髪を染めやすいというメリットがあるものの、頭皮を傷めやすいというデメリットが少なからずついてきてしまうのです。

 

両者とも一長一短あるわけですが、頭皮を大事にしながら染めたいという人にはヘアートリートメントのほうが適しているでしょう。

 

中には無添加、アレルギーなどのパッチテスト済みのものなど、髪だけでなく頭皮にも優しいタイプ、天然・自然の昆布を使ったトリートメントなども販売されています。

 

また、乾いた髪用のトリートメントなど、髪のアフターフォローも万全のものが揃っています。

 

こうしたメリットもありますが、デメリットといえるような面もあります。

 

黒髪は明るく染めることができない、色が落ちるのが早い、シャンプーをすると色が落ちてしまうことがあるなど、いくつかの難点があるのです。

 

それから、値段もヘアカラーに比べて少々割高に設定されているところがあります。

 

ヘアカラーに比べると少々染色の効果にいまいち期待できない、というものが少なくないのも実情です。

 

しかしながら、シャンプーするたびに落ちるということは、それほど強い化学薬品を使っていないという証明でもあります。

 

アレルギー持ちの人などが安心して使える商品も多く販売されていますので、何よりも安心してヘアートリートメントを使いたいというにはピッタリといえるのではないでしょうか。