ヘアカラーで白髪を染めるメカニズム

ヘアカラーで白髪を染める場合、商品の内容としては一般的に染料・アルカリ剤(1剤)、酸化剤(2剤)に分かれています。

 

1剤での主な成分はパラフェニレンジアミン、トルエン、ジアミンなど、2剤では過酸化水素水が用いられることが大半です。

 

そして、その2種類を混ぜることにより髪を染めます。

 

まず黒髪のメラニンの色素を脱色し、その後綺麗なヘアカラーに染めるのです。

 

いわば黒髪の下地をなくし、そこから自分好みの色に染色をするのです。

 

絵を描く時も、無地から色を塗るほうが色がはっきりくっきりと見えることから、この方法はわかりやすいのではないでしょうか。

 

前述しましたように、まず1剤で髪のキューティクルを開き、染料を入れます。

 

開かれたキューティクルへ直接染料、カプラー、間接染料という3種類の染料を髪の内部に染み込ませます。

 

その後、過酸化水素を入れ、化学反応を起こします。

 

その化学反応によって、髪の漂白、間接染料、カプラーが結合して発色します。

 

要は髪を脱色し、メラニン(黒)を漂白し、自分好みの色にすることにより、よりはっきりと色がきれいに染められるというメカニズムになっています。

 

発色した染料の分子は結合して元より大きくなります。

 

そういった性質があるので、髪の内部に浸透した後、閉じ込められるのです。

 

そのあと、ヘアカラーの色が髪に定着し、綺麗な色に染められます。

 

少々難しい言葉ばかりですが、要は脱色、髪の元の色が抜ける、髪を染めるという具合に認識しておけば問題ありません。