ヘアカラーは良く染まる半面、頭皮への影響が心配

ヘアカラーには実にさまざまな種類があり、新しい商品も続々と発売されています。

 

従来品と比較して発色がよく、しっかり染めあげられるようになっていますが、頭皮への悪影響を心配する人は少なくありません。

 

たしかにかぶれる、赤くなる、腫れる、かゆくなる、炎症が起こるといった具合に、ヘアカラーには頭皮のトラブルが起こるリスクがあります。

 

ひどい場合には、アレルギー反応を起こして息が苦しくなったり、じんましんが発生したりする危険性もあるのです。

 

ただ、こうした問題が起こる可能性も、従来品と比較すれば低くなっており、基本的には安心して使用することができます。

 

それでも、頭皮の状態は人によって異なりますし、商品に含まれている成分などの違いもありますので、絶対に安全といいきることはできません。

 

安全にヘアカラーを使用するには、事前にパッチテストをおこなうことが大切です。

 

パッチテストで肌に異常が起こらないことを確認した上でヘアカラーを使用すれば、トラブルが起こるリスクはだいぶ低減されるでしょう。

 

また、頭皮にベッタリと染料をつけないように注意することも、かぶれなどのトラブルを招かないためには大切です。

 

そのほか、頭皮への刺激が強い成分が配合されていないヘアカラーを選ぶのもおすすめです。

 

選ぶ基準としては、ラウリル硫酸塩をはじめとする合成界面活性剤、ジアミン系の化学染料、過酸化水素配合の商品は地肌などに悪影響を及ぼしやすいとして注意が促されていますので、商品選びの参考にしてください。